ホーム > 相続の知識 > 相続とは > 相続の放棄

相続の知識

こちらのページでは、相続に関する基礎知識を提供させていただいております。 相続の専門家として、常に新しい情報を皆様にお届けいたします。

相続の放棄

亡くなった被相続人が、預金などのプラスの財産よりも、借金などのマイナスの財産が多い債務超過であった場合などには、「相続の放棄」という手続きを行うことによって、被相続人が持つ権利と義務の一切を受け継がないという意思表示をすることができます。

債務超過

 
相続の放棄の手続きは、相続の開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所で行う必要があります。また一旦手続きをすると、後から撤回することはできません。

相続の放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も相続しないという意思表示です。マイナスの財産を相続しない代わりに、プラスの財産も受け取ることができません。通常、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多い場合に相続を放棄すると有効です。

ほかに少し難しい方法で「限定承認」という、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を受け継ぐ方法もあります。これは、負債を返済した後に余りがあれば、それを相続できるという方法です。

この場合も相続の開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所で手続きを行う必要があり、後から撤回はできません。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook


お問い合わせ
  • 相続トピックス
  • 申告は必要?計算してみよう
  • 印刷して使えます!相続手続きチェックシート
  • 「困った」を「わかった」に相続税務のFAQ
  • 法人概要(代表者挨拶)
ニュース
New
2018年7月4日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2018年4月2日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2018年3月27日
3/26(月)発売 日経MOOK「相続&事業承継プロフェッショナル名鑑 2018年度版」に掲載されました
2017年9月21日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2017年7月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2017年2月15日
「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のウェブサイトにて、あいゆう税理士法人が紹介されました
*日経MOOK電子版
2016年10月6日
10/6(木)発売 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」に掲載されました
2016年9月23日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2016年7月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2016年4月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年11月21日
日本経済新聞「相続・承継プロフェッショナル特集」に掲載されました
2015年9月24日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年7月6日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年4月10日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2012年12月21日
あいゆう税理士法人の相続専門(当)ページがオープンしました

お問い合わせ

あいゆう税理士法人

東京都新宿区新宿2-8-8
とみん新宿ビル3F
お電話:0120-335-046
fax:03-3350-9975

お問い合わせフォーム


「相続」以外の業務も承ります

あいゆう税理士法人 総合サイト

  • 初回相談は無料です。0120-335-046 (平日9:15-18:00)