ホーム > 相続の知識 > 相続とは > 法定相続人

相続の知識

こちらのページでは、相続に関する基礎知識を提供させていただいております。 相続の専門家として、常に新しい情報を皆様にお届けいたします。

法定相続人

民法では、「相続の放棄」をした人がいれば、その人は相続人ではありません。

一方、相続税法上の「法定相続人」には、相続の放棄をした人が含まれます。これは相続税を計算する際に、民法上の相続人の概念だけでは課税の公平性が保たれないケースがあるためです。

(例)
子A、B、Cがいるときに、子Cが相続の放棄をした場合

相続人:子A、Bの2人
法定相続人:子A、B、Cの3人

相続税にはこの法定相続人の考え方を基に、法定相続人でなければ適用を受けられない規定や、法定相続人の数を基に計算する規定があります。

<法定相続人でなければ適用を受けられない規定>
未成年者控除、障がい者控除

<法定相続人の数を使って計算する規定>
基礎控除、保険金または退職手当金等の非課税金額

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook


お問い合わせ
  • 相続トピックス
  • 申告は必要?計算してみよう
  • 印刷して使えます!相続手続きチェックシート
  • 「困った」を「わかった」に相続税務のFAQ
  • 法人概要(代表者挨拶)
ニュース
New
2018年4月2日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
New
2018年3月27日
3/26(月)発売 日経MOOK「相続&事業承継プロフェッショナル名鑑 2018年度版」に掲載されました
2017年9月21日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2017年7月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2017年2月15日
「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」のウェブサイトにて、あいゆう税理士法人が紹介されました
*日経MOOK電子版
2016年10月6日
10/6(木)発売 日経MOOK「相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」に掲載されました
2016年9月23日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2016年7月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2016年4月5日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年11月21日
日本経済新聞「相続・承継プロフェッショナル特集」に掲載されました
2015年9月24日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年7月6日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2015年4月10日
日本経済新聞「信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選」に掲載されました
2012年12月21日
あいゆう税理士法人の相続専門(当)ページがオープンしました

お問い合わせ

あいゆう税理士法人

東京都新宿区新宿2-8-8
とみん新宿ビル3F
お電話:0120-335-046
fax:03-3350-9975

お問い合わせフォーム


「相続」以外の業務も承ります

あいゆう税理士法人 総合サイト

  • 初回相談は無料です。0120-335-046 (平日9:15-18:00)